一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
価格: ¥0
ショップ: ---

「イボを薬でとった後、どうなったの?」と気になってる方が案外多かったので、
前回のイボを塗り薬でとってみた後のことをいくつか書いておきます。
最初に言っておきますが、私は薬でとった後に、失敗しました
…まあ、いろいろあったんですよ!読めばわかるよ!
私もこんなことになるとは思ってなかったんですよ!!(涙目)


と、普通のイボの治療のようで普通じゃないかもしれないものですが、参考になれば幸いです。


※治療経過の写真もありますので、多少グロいです。閲覧注意。
まず、前回のお話も踏まえて、イボを塗り薬でとったのが2012年10月の初旬でした。
そして、指に違和感を覚えたのが、それから一週間後くらいのこと。
なんだかピリピリするな〜と思っていたのですが、
イボが剥がれ落ちたんだから、こういう風に違和感あるのかもしれないなあ…と、
楽観的に考えていました。

が、それから3日後くらいして…

腫れた(化膿)したイボ

腫れました。腫れに腫れて、痛い! 激痛がする!! 指を曲げられない!
よく見たら分かるのですが、イボがとれた後の皮膚の下が緑色になってます。
膿がたまっちゃってるんですよね…えらいこっちゃ。
こうなると、もう楽観的ではいられません。
急いで皮膚科のある病院で診察してもらいました。

診察の結果、ばい菌が入って化膿しているとのこと。
腫れが引くのを待って、治療に移りましょう、と言われました。
病院で処方してもらった、化膿止めの飲み薬と塗り薬で様子をみることに。

化膿止めの効果はてきめんだったのですが、腫れがひかない…??
イボがとれた後の皮膚がだんだんと盛り上がって…あれ?またイボに?
イボって相当しつこいんだなー、一度とれたら終わりじゃないのー??
腫れが引いたらまたイボチョン塗ってみるかな〜と思っていました。(化膿したことを忘れてます)


…が、ここで問題発生。


一般的に、イボというのはウィルスによって発生するものだから、
子供の頃にできたイボは、免疫がしっかりする大人になるまでに小さくなるとか、
いつの間にか消えているものだというのです。
逆に、ウィルスが活性化してると、よく触れる他の皮膚にイボがうつって増えていくものだとか。

しかし、私の指にできたイボは20年近く、徐々に大きくなっていってました。
しかも単独で。他の指や皮膚にはイボはできていません。

と、なると…もしかしたら腫瘍かもしれないよ?という話になり、
病理検査をして詳しく調べることになりました。
別の病院の紹介状を渡されしばし呆然。

…え?腫瘍? そそそ、それってガンってこと!?
ただのイボだと思っていたら、腫瘍だなんて…悪性だとは思えないけど、
でも万が一ってことも…指を切り落とすことになるのかしら…ひえええ!と
無駄に怖がり、すごく不安になりました。

でも、検査の結果は「イボ」でした。 これには心底ホッとした。
いや、イボでも嫌なんですけど、腫瘍よりはなんぼかマシだっていう意味で。

後から皮膚科のお医者さんに聞きましたが、
こういう子供の頃にできたのに、長年居座り続けるイボというのは珍しいそうです。
というか、実際に他に見たことがないらしい。
普通は縮小するか、消えてしまうものみたい。
私のような、ちょっとずつ大きくなっていくイボはあまり聞いたことがないそうです。
皮膚科のお医者さん2・3人に囲まれてイボの写真撮られましたが、
「珍しいものを見たわ〜」と満足気な顔だったのが印象的です。



で、はじめたのが液体窒素でイボを焼く治療です。
私のようなイボだと、市販の塗り薬程度じゃどうにもならないそうで、
「焼いちゃいましょう!」とあっけらかんと言われました。
言い換えると、焼かないとウィルスがいつまでも活性化したままだということで。
お医者さん曰く、「だいたい自分でなんとかしようとして、失敗したような人が
こうして液体窒素の治療はじめますよ〜」とのこと。
…失敗した本人を目の前にして言うか?(涙目)

治療内容は簡素なものでした。
液体窒素を含ませた綿棒を、イボに押し当てていくだけ。
もっとマッドサイエンティックなものを想像してたけど、地味だった。
(科学実験で薔薇が凍ってカシャーンと割れるのを見てたりしてて期待しすぎた)

痛みは…そんなに感じません。ジュ〜っと音はするけど。
痛がりなもので、すごい不安でしたけど、あれー?と肩透かし。
それだけイボのところの皮膚がウイルス守るために分厚くなってるってことみたいです。
むしろ、お医者さんが「大丈夫?痛かったら言ってね?」って心配してた。
(と言いつつもイボを入念に焼いていた)
イボの周りの皮膚を焼いた時に、ちょこっとだけチクっとするくらいです。


私の場合、一回の治療費は保険有りで900円前後。
初回の、塗り薬を出してもらったときは2000円くらいでした。

イボを液体窒素で焼いた直後
初回のイボを焼いた直後。11月中旬です。
イボチョンで剥がれ落ちたイボも、すっかり復活してしまってます。
どんだけ根強いウィルスなんだ、イボめ。

イボを液体窒素で焼いた翌日
液体窒素で焼いた翌日。おお、火傷してたんだなあ、という感触。
血豆みたいになってますが、痛みはほとんど感じません。
今頃、皮膚の下のイボウィルス(ヒトパピローマウイルスというらしい)が
悲鳴を上げているのだろうな…と妄想してみたり。

そして2週間後くらいにぽろっとかさぶたになって落ちました。
でも、まだイボは健在でした…根強いな!イボのウイルスしつこい!

液体窒素の治療は、皮膚にわざとダメージを与えて再生を早めて、
皮膚の奥から新しい皮膚をどんどん作らせ、
皮膚の深いところに巣食ってるウイルスを表皮に追い出していき、
最終的にはウイルスを死滅(不活性化)させる…という治療のようです。
シミを薄くする化粧品みたいにターンオーバーを早めるというか。
液体窒素だと皮膚を炭化させることなく、皮膚の奥のほうまでダメージを与えられるそうです。
そして再生も普通の火傷と違ってスムーズ(皮膚が炭化してないから)なので傷跡になりにくいそうな。


それから、2週間置きに液体窒素の治療を5回、
イボがすごーく小さくなったところで一ヶ月置きに3回、
計9回(初回含む)の液体窒素の治療をしました。
皮膚の再生周期(一般的に28日周期らしい)にあわせて皮膚を液体窒素で焼いてますね。

年を越して1月中旬のイボの様子。
イボ治療 7回目の後
二週間置きから、一ヶ月置きに切り替わった時期です。
火傷の後のかさぶたが剥がれてきてます。
イボもすっかり小さくなってます。ほとんど盛り上がってきてない。ちょこっとだけ、ぽつんと。
この頃になると、液体窒素の治療も少し痛くなってきて、直後から火傷の水ぶくれが出来てました。
本当にすぐに水ぶくれができるのでちょっとびっくりした。
お医者さん曰く、皮膚が薄くなってるから、正常に近づいてきたからだそうです。
今まで水ぶくれもせず痛くなかったのはイボが自身を守ろうと皮膚を分厚くしてたからなのか…っていう実感がここに。

軽度のイボ治療の人だと1・2回焼くだけでおしまい、というのもあるそうで。
私の場合は結構しつこいイボだったみたいです。
焼いても焼いてもイボがふくらんでくるんだよ〜!いい加減にしろ!って感じですが
そんだけしつこかったから20年くらい居座ってたんですよね、このイボ。
それでも、3月中旬に最後の治療をしてから、イボの盛り上がりはみられません。ようやく、やっとこさ。

そして、最後の治療から3ヶ月後の現在の様子。
イボ治療の3ヶ月後
なんということでしょう(劇的ビフォーアフター風に)
すっきりしました。
他人の目線も指に集中しないので、気分的にもすっきりしてます。
イボがあるときは触られたり、何だそれ?って目で見られていたので…。
地味にコンプレックスでした。
子どもたち相手には「ぷち人面疽で時々しゃべる」とか言って笑いをとれた利点もありましたけどね!

イボ治療の3ヶ月後
液体窒素で焼いているので、若干ケロイドみたいになってますけど、
それもうっすらとしていてあんまりわかりません。
指輪がするっと入るっていう感覚が嬉しかったり。
(今まではイボにひっかかっていた)

…と、こんな感じでイボを治療しました。
正直、たかがイボでこんな大事になるとは思っていませんでした。
腫瘍かもしれないだの言われた日はどうしようかと思いましたが…。

イボで悩む全ての方の参考になるような記事ではありませんが、
液体窒素の治療の心配や不安がちょっとでも解消されれば良いなあ、と思います。
イボコロリでとれたらラッキー!とれなかったら素直に皮膚科へレッツゴーです。

(2014年12月18日 追記)
治療終了後一年半が経過しての、イボがとれた後の指です。
液体窒素でイボをとってみた その一年半後
ケロイドっぽかった傷跡も、すっかり消えてます。
白っぽい線は病理検査のときにイボを切ったメスの傷跡です。
刃物の傷よりも液体窒素のほうが治りが早いなんてびっくり。
よーく見ると矢印の先にほんのちょこっと、1mm弱くらいのイボっぽいもの?があります。
あんだけ焼いても完全にはイボのウィルスは死滅してない…のかな? 別の何かかも?
今はそれほど気にならないので放置してます。

また変化があったら追記しようと思います。

  • 2016.10.16 Sunday
  • -
  • 16:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
初めまして今晩は

右手親指第一関節にある、小さなイボ(5mmほど)と暮らしています。
そろそろお別れしようと思いましてこちらのブログに辿り着きました。

最初はイボコロリが手軽そうかと考えておりましたが、主さんの経過報告を見て一足飛びに液体窒素治療を始めようと決心いたしました。

ありがとうございます!

  • midget
  • 2014/05/30 00:32
コメントありがとうございます。

通院する手間や時間はイボコロリよりかかりますけど(地味に財布にひびく)、
イボのウィルスをじわじわ攻撃していってるんだな〜っていう実感あるし
何よりイボが再発しにくいのがポイント高いです。
治療、がんばってくださいね!
  • kyo
  • 2014/06/02 16:04
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/07 19:03





   
この記事のトラックバックURL : http://aqk3296.jugem.jp/trackback/17

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

人気の記事

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • イボを塗り薬でとってみた
    kyo
  • イボを塗り薬でとってみた
    みー
  • 虫除けのリードディフューザーを手作りしてみて…一週間後
    nj
  • イボを塗り薬でとった、その後の話 2014年12月18日 追記
    kyo
  • イボを塗り薬でとった、その後の話 2014年12月18日 追記
    midget

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM